toggle
blog
2017-04-17 | blog, information

スタッフ募集のお知らせ

journal.

私たちと一緒に仕事をしてくれるスタッフ募集のお知らせです。今回はカフェとパンケーキミックの各部門で1名づつ募集いたします。

———-

【パンケーキミックス部門】

【内容】
・パンケーキミックスのパッキング、卸や通販の出荷作業。

【条件】
・火〜木、10:00から実働4〜5時間程度(受注状況により変わります。出退勤時間については相談の上、調整可能です)
・時給 一部出来高制(能力や経験により考慮させていただきます)
・勤務地 東区山の下地区の自宅兼アトリエ車通勤可(但し大型車不可)

【期間】
・(我々だけでなく、あなたにとってマリールゥで働く価値があるか見極めていただきたいという意味で)1ヶ月の試用期間を経て適性をみて継続。長期希望です。

【こういう方を求めてます】
・根気のある人
・工夫をしながら仕事のできる人
・健康な人
・手際の良さ、早さ、正確さ、丁寧さ
・WEBブラウザベースのシステムを使って出荷作業をするので、最低限のパソコン(Mac)のスキルがあると嬉しいです。

———-

【カフェ部門】

【内容】
・ホール、レジ、調理補助、皿洗い、掃除

【条件】
・毎週金曜日と土曜日、10:00から3~5時間程度(混雑状況により変わります)
・時給760円〜(能力や経験により考慮させていただきます)
・金曜日と土曜日両日出勤可能な方
・まかない支給
・車通勤可(但し車高の高い車、大型車は不可)

【期間】
(私たちだけでなく、働く人にとってマリールゥで働く価値があるかを見極めていただきたいという意味で)1ヶ月の試用期間を経て適性をみて継続。長期希望。

【私たちはこういう方を求めてます。】
・年齢資格問いませんが、飲食経験者。
・「たべもの」を大切に考えている人。
・健康な人。
・料理が好きで、ある程度のスキルとセンスがある方、又は上達する意志と実行力のある方(仕込みは限られた時間内でする為、手際の良さと丁寧さが必要です。)。
・気遣いと思いやりをもって人と接する事ができる方。笑顔があって、最低限の接客スキルのある方。
・手際の良さ、早さ、正確さ、丁寧さ。一人でいくつものパートをやるので混雑時は大変です。ひとつの事をじっくり丁寧にやるのが好きな方より、段取りよくいくつかの作業をスピード感をもってこなすことが得意な方が向いてます。
・作業をしながら周りにも気を配れる人。
・お子様連れも多いので、小さい子どもが好きな方。

【当店で働くメリット】
・マクロビオティックや自然食の基礎知識、自然栽培、古来種(在来種と固定種)の基礎知識、またそれらにつながるネットワークが得られます。

———-

ピンと来た方、まずはメールにてご連絡ください。メールには希望の部門、お名前、ご住所、連絡先電話番号(連絡の取りやすい時間を明記)、年齢、職歴、志望動機を明記ください。

特に志望動機はしっかり書いていただけたらと思います。info@marilou.jp

2017-04-15 | blog, おひにち定食

2017年4月14〜15日のおひにち定食。

journal.

2017年4月14〜15日の「おひにち定食」はこんな感じでした。

お野菜は

▽上野農場/ササシグレ玄米
▽たなか農園/毎日味噌
▽よへいろん/春菊、赤水菜、レタス、ジャガイモ
▽ひかり畑/カツオ菜、よもぎ、キャベツ(慣行栽培)
▽五ろり/大根、里芋(大和早生)
▽今井農園/人参、白菜

よもぎをたっぷりと使ったレシピでした。
よもぎと春菊のジェノベーゼ、車麩のフリットが好評な様子でした。おひにちファーマーたちは露地栽培が多いため端境期で野菜が少なく、毎週頭を悩ませながらメニューを構成しています。
それでもまだ90%以上の自然栽培野菜使用率は確保しています!

2017-04-10 | blog, journal

After Hours 2017

journal.

Day off。
昨日は渋谷で開催されたAfterHours Festに参加してきました(スタッフとして!)。

「このイベントは、古くから根付いている芸術・音楽業界にはびこる組織、具体的にはアーティストが本来持っていたであろう、純粋な想いを込めた活動を、スムーズに行うことを難しくしているシステム、既に出来上がっている体制など『芸術を駄目にするものへの闘争』として、権力に迎合しない、芸術性を妥協をしない、そういった志を持ったアーティスト達が集まり、表現出来る場を少しでも築きたいと思い立ち上げました。」

これはAfter Hoursの主催者からのステートメント。
ここに出演したミュージシャン達はこのステートメントに賛同して集まったミュージシャン達。

ライブを観ながら、どのミュージシャンからも感じた、ある種の「殺気」みたいなもの理由に想いを馳せています。

個人的にはすでに「怒り」なんかの感情的衝動は何も産まないと感じてしまっているので、闘争という姿勢には共感はできないけど、しかし権力や大衆(権力よりこちらに恐ろしさを感じる)に迎合して己が大切にしているものがなくならないように、という姿勢には大いに共感します。

実は「おひさま日曜市」での活動や、カフェのメニー構成なんかの仕事の原動力はここだからです。

今回スタッフとして手伝いをさせてもらったBorisとの付き合いはもう17年。当時から日本ではなく世界を見据えながら「大衆に迎合しない、芸術性を妥協をしない」という姿勢は全くぶれないし、どんどんとそれは確固たるものになっている気がします。だからこそ今のワールドワイドでの成功があるのだと思います。

ライターとして関わったり、ツアースタッフとして同行した10年前と比べても、そのプロフェッショナルさは半端なくなってます。

しかし近年とくに素晴らしいなと感じるのは、当時はそのために闘っていた気合いすら抜けて、純粋に「楽しもう!」とリラックスしているところです。昔はもっと尖ってた。これも結成25年の重み、凄みなのかなと感じます。

今回のライブも、多くの人が求めて来るだろうお祭りモードの「ROCK」なBORISは完全に封印して、「重さ」と「ゆるさ」に重点をおいたズルズルなセットリストでオーディエンス完全に置いてきぼり、しかしコアなファンほど大喜びな見事なセットリストでした。
フェスという場なのにこのぶっちぎり感!
思うに、多分他のミュージシャン達もみんな「楽しむだけのフェス」にしたくないという思いが一致していて、それをある種の「殺気」として感じていたのかな、と思います。

自分の仕事に落とし込んで見ると、カフェやオーガニックマーケットでお客さん置いてきぼりにしてぶっちぎっても成り立たないのですが笑、しかしニーズを汲み取りながら色々な人に喜んでもらえる形にするという作業はとても難しく、でもやりがいのある作業なのです。

打ち上げの場に集まったミュージシャン達の笑顔、改めて「創る側」としてとても貴重な経験をさせて頂いたいなと感じました。

さぁ、今日からも精一杯楽しんで生きていきます!

2017-04-08 | journal

季節のパンケーキ

journal.

「季節のパンケーキ」というメニューを試しに始めてみます。

今回はイギリス風に国産レモンを絞って(今週は無農薬無化学肥料のものを使用します)、塩ハチミツとココナッツオイルのホットソースかメープルシロップとココナッツオイルをかけて召し上がっていただきます。

個人的にはハチミツとココナッツのホットソースがさっぱりとしていて好みです。

材料依存&気まぐれメニューですので、いつ終わるかわかりません。ぜひお早めにどうぞ!

パンケーキは14:30からの提供となりますのでご注意ください。

2017-03-23 | blog, journal

エレキとパンケーキ、終了しました。

前日の僕の体調不良でいろいろ危ぶまれましたが、無事に「エレキとパンケーキ」を終えることができました。ご来場いただいた皆様、そして青木隼人さん本当にありがとうございました。

cafe marilouの大きなショーウィンドウはほぼ真東にあって、午前中はとても美しい太陽の光が店内に差し込みます。そして、残念なことに開店とほぼ同時にその光は店内に差し込まなくなります。僕はその素敵な光景を見ながら毎日「もったいないなぁ」と思いながら仕込みをしています。
この日は幸いに午前中は太陽も雲から顔を出し、店内に美しい光が差し込む中で青木さんの演奏を聴くことができました。
輝く美しい姿をお客さんに見せることができて、きっとcafe marilouも喜んでいたと思います。

演奏の冒頭に青木さんがおっしゃっていたように、青木さんの演奏は「曲と曲にならない音の間にあるもの」です。
僕が今回のライブを企画するにあたって、青木さんにエレクトリックギターでの演奏をお願いしたのも、その「曲と曲にならない音の間にあるもの」がアコースティックギターよりさらに色濃く感じることができるからでした(多分、そんなリクエストするのは僕くらいだと思いますが…苦笑)。
青木さんの奏でるメロディーはもちろん素晴らしいのですが、道を通る車の音、生活音、雑音騒音など、そこにあるあらゆる音を自らのものとして表現できる強さが、青木さんの大きな魅力の一つだと思います。

以前はエレクトリックギターでの演奏の時は、ルーパーやディレイなどの空間系エフェクターを多用していたと思うのですが、今回はとてもシンプルな構成でした。足元にはチューナーとボリュームペダルだけ、エフェクトもアンプに備わっているリバーブのみでした。
その理由を青木さんは「(ループやディレイを用いらないことを指して)過去の音を使わないことで、より【今】を表現したい」とおっしゃっていました。

2年前の終戦記念日に、F/styleで久しぶりに青木さんのソロの演奏を聴いたときに僕が強く感じたのは、青木さんのエモーショナルな熱量と血の流れている音色とある種の決意でした。
それまでの青木さんの演奏は、初期の音源から感じられるように、どちらかというと感情を排除した無色透明な美しさのあるものでした。僕はこの日の青木さんのギターの音色を忘れることができません(そして「俺、もっとちゃんとしなきゃ!」と思ったことも忘れられません笑)。

今回の青木さんのライブでは、青木さんの「今」を通して自分の今を強く感じさせられました。

10人ちょっとという人数で青木さんの演奏を聴く贅沢。本当に本当に素晴らしい時間でした。
そしてエレキだけじゃなくて、パンケーキも楽しんでいただけたら幸いでした(大丈夫だったかなー?笑)。

文と写真:すずきたかや

2017-03-17 | blog, information

2017年3月26日(日)おひさま日曜市

journal.

※marilouは今月の出店はお休みさせていただきます。

春の気配を確実に感じつつも、突然あられが降ったりまだまだ気が抜けない日々です。野菜もどんどん寂しくなってはいますが、おひさま日曜市は今月も元気に開催します!

今月は「卵」がテーマです。

実はおひにちファーマーで養鶏をされてる方が意外と多いのです。
さらに、卵の旬は春なんです!
みなさん知ってました?!
僕は初めて知りました!
川崎農園の川崎さんによる平飼い養鶏のお話、そしておひにち名物食べ比べ!は「たまごかけごはん」です。

ぜひ皆様、会場へ足をお運びください。

———–

おひさま日曜市は美味しく、楽しく、「消費」というあり方を変えるオーガニックマーケットです。

ここに並ぶ野菜でご飯を作る。

農家と料理人と食べる人のつながりを作る。お客さま同士のつながりを作る。

おひさま日曜市はただ食べ物を「消費」するだけのマーケットではなく、誰でも何かを「つくる」ことができるマーケットでありたいと考えています。

そして「自然栽培」「古来種野菜」「大地の再生」の3つのテーマを軸に「ありがとう」でつながる豊かなコミュニティづくりを目指しています。

次回のおひさま日曜市は

2017年3月26日(日)10:00〜14:00

会場:森の教育実修所「点塾」新潟市中央区長潟3丁目6−2

会場近隣に駐車場20台ほどございます。案内係りの指示に従ってください。住宅地なので運転や路上駐車にはご注意ください。また鳥屋野潟スポーツ公園からは徒歩10分です。

主催:自然栽培新潟研究会

後援:新潟市

協力:(株)博進堂

http://ohinichi.com

http://instagram.com/ohinichi

2017-03-03 | blog, pancake mix

「マリールゥのパンケーキミックス スペキュロスフレーバー」販売終了のお知らせ。

journal.

本来は12月末で終売予定だった「マリールゥのパンケーキミックス スペキュロスフレーバー」。

意外な人気で販売を続けてまいりましたが、いよいよ今週をもちまして終売とさせていただきます。

カフェマリールゥ店頭は明日(10個限定)、オンラインストアは日曜日23:59をもちまして販売終了となります。

また次のホリデーシーズンには復活の予定ですが、ファンの方は最後の駆け込み購入どうぞ〜笑

>>オンラインストアはこちらからどうぞ<<

2017-03-03 | blog, おひにち定食

先週のおひにち定食。

先週の「おひにち定食」です。特に今まで見た目は特に変わりはありませんね。

使わせて頂いた野菜はこんな感じでした。注記してあるもの以外は全て無肥料無農薬の農産物です。

上野農場/ササシグレ玄米

農園八兵衛/里芋(大和早生)

ふなくぼ農園/小松菜、水菜

よへいろん/春菊、レタス、長ネギ

今井農園/白菜、大根

大江菜園/大浦太ごぼう

五ろり/黒田五寸人参

ひかり畑/パープルスイートロード(紫芋)、キャベツ(慣行栽培)

全く飲食店での料理経験や修行経験もなく本当に素人料理なのですが、素材が佳いので少し手を手を加えるだけで本当に美味しいです。今までと全く同じ料理でも、本当にびっくりするぐらい味が変わり、なんといったらいいのでしょうか…久しぶりに料理をしながら身震いしてしまいました。

もう後戻りはできないな、という緊張感もあります。

そして、いきなり「おひにちの農家さんの無肥料無農薬の野菜をたくさん使います!」とぶち上げた直後に、端境期でほとんど野菜がなくなるという恐怖感もあります(米、雑穀、豆と少しの野菜でなんとか切り抜けようかな…と…)。

何はともあれ、できる限りベストなものを提供できるように今後とも精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

2017-02-24 | blog, information

「おひにち定食」始まります。

journal.

2月24日(金)からカフェのランチがリニューアルです。

「おひにち定食」として、オーガニックマーケット「おひさま日曜市」に出店している農家さんの、無肥料無農薬の野菜を全面的に使ったランチに生まれ変わります。

毎日仕込む5品のお惣菜(仕入れや内容によって品数は変わることがあります)、おみそ汁、香の物、無肥料無農薬の玄米ご飯、お番茶がセット。

今まで通り、吟味を重ね丁寧に作られた調味料をつかい、シンプルで、でも老若男女どなたでも満足いただけるようなご飯を提供いたします。

ただ、申し訳ありませんがお値段が少しだけアップさせていただき1300円からとなります(セット内容によってお値段が変わります)。

限定20食ですので、できるだけご予約をお勧めします(メールでのご予約も受け付けます)。

本当はずっとここまで来たかった。

主に野菜の集荷の事情でここまで突き抜けることはできませんでした。しかし週2日の営業なら、僕らにも農家さんにも負担なく、突き抜けられるのではないか。と。

 

実は今ものすごく、緊張しています。

金曜と土曜だけという、たった二日の営業にどういう反応があるのか。

たった20円でしかないけど、されどその20円の値上げが皆様にどう受け入れられるのか。

そもそも無肥料無農薬の野菜だけでランチを作るなどという、半ば狂気を孕んだことをどれだけの人が求めていて、はたしてそれは理解されるようなものなのか。

そして何より「おひにち」の農家さんたちが、一生懸命育てた野菜をきちんとした形でみなさんにお届けできるのか(それはどこの野菜を使おうがいままでも一緒だったんですけど、でもやはり「おひにち」で苦楽を共にしているので思い入れが強いです)。

でも僕らはこれを世に問うてみたい。ギンギンに磨いた切っ先を。

 

色々と改善しながら、より良いカフェを運営していけたらと考えています。

ぜひぜひ色々ご意見も聞かせていただけたらと思います。

1 2 3 4 5 6 7 22