toggle
blog
2019-03-19 | journal

2019年3月24日のおひさま日曜市

2019年3月24日のおひさま日曜市
春は鶏の産卵の季節なのだそうです。
年間を通じて、そんなに上下のなさそうな卵の供給ですが、鶏だって生き物です。
春にたくさん産んで、暑い夏は少し生む数が減るそうです。
今年は特に暖かくなるのが早かったので、例年になく多産だそうです。
「たくさん卵があるからどうですか〜」なんて感じで、今年は我が家もいつもよりたくさん卵をいただいています。

父親が畜産関係の仕事をしていて、この仕事につく前は、2年ほど家業を手伝っていたので牛豚鶏と様々な場所へ行く機会がありました。
それぞれ特徴的なのですが、中でも鶏小屋の匂いが一番きつかったのを今でも強烈に覚えています。

先日、豊栄の宮尾農園さんの鶏舎にお邪魔してきました。
久しぶりに伺ったのですが、ここの鶏舎は不思議と全く嫌な匂いがしないのに改めて驚きました。
むしろ、餌の穀物のいいにおいすら感じます。
あまりに不思議で色々と聞くと、敷き床がしっかりと発酵しているので、それが糞尿を分解してくれるので匂いがしないのではないか?とのことでした(しかもこの敷き床は年に一回しか入れ替えをしていなくて、春の育苗に使われるそうですよ)。
そしてきっと餌がいいので、糞尿も匂いがほとんどしないのではないかと思います(人間も菜食にするとびっくりするぐらい匂いが少なくなります)。

おひにちに出店している養鶏農家さんたちは、皆さん薬を使わずに、飼料もほぼ県内産を使って、鶏にストレスを与えないように平飼いで育てています。
当然、スーパーで販売されている卵に比べたら少し高価ですが、でも本来はこれが正しい価格なのではないかと思います。

平飼いの卵は、とても綺麗な味がします。
卵特有の匂いが全くないんですよね。
今月はたくさん卵が並ぶと思いますので、本当に美味しい卵をたっぷりと味わってみてください。

写真は「マリールゥのパンケーキミックス CACAO」にベーコン、アボカド、目玉焼きを添えたもの(卵はもちろん、平飼いの卵!)。
これがすごく美味しいんですよ!!

すずきたかや(おひにちディレクター/marilou)


おひさま日曜市(おひにち)は、「美味しい」と「楽しい」を大切にするオーガニックマーケット。
農家直売の野菜と、マーケットにならぶ野菜を使ったフードが食べられます。
種と、水と、土と、おひさまでそだつ野菜たち。
その野菜たちをただ「消費」するだけではなく、誰でもそこからなにかを「つくる」ことができるマーケットでありたいと考えています。
たとえば、ここに並ぶ野菜でご飯をつくる。
あなたと農家、あなたと料理人とのつながりをつくる。
お客さま同士のつながりをつくる。
そしてそれらのことが「ありがとう」でつながり、
たくさんの笑顔がおひさまのように輝く豊かなコミュニティづくりを目指しています。

2019年3月24日(日)10:00〜14:00

会場:森の教育実修所「点塾」
新潟市中央区長潟3丁目6−2
(会場近隣に駐車場20台ほどございます。案内係りの指示に従ってください。住宅地なので運転や路上駐車にはご注意ください。また鳥屋野潟スポーツ公園からは徒歩10分です。)

主催:自然栽培新潟研究会
協力:(株)博進堂

http://ohinichi.com
http://instagram.com/ohinichi

2019-03-18 | journal

「平成にヒットした10スイーツをご紹介」

平成にヒットした10スイーツをご紹介
「おとりよせネット」さんが運営する「おいしいマルシェ」の企画で、「30年間を振り返り! お取り寄せできる平成ブレイクスイーツ10選」のパンケーキ部門代表?で掲載していただいてます。

平成に超ブレイクしたスイーツ、パンケーキ部門の代表なのに、全く派手さのない「マリールゥのパンケーキミックス 」!
派手さはないですが、流行に負けない滋味深さが人気の秘密と前向きに捉えております。
プレゼントもあるようですので、ぜひご覧ください。

実は「おとりよせネット」さんのホットケーキ部門では、掲載していただいて以来ほぼ1位に居座らせいていただいておりまして、さっき確認しましたら「コメ・粉類」部門でも2位という!
紹介してくださった甲斐みのり さんをはじめ、実食審査をしてくださった皆様、本当にありがとうございます。

https://marche.otoriyose.net/article/21046

2019-03-18 | journal

SAKURA MARCHÉ emPOWERED by Square

マルシェ bookobscura salasusu ソメヤスズキ 宝島染工 南三陸ミシン工房 マリールゥ 東京ミッドタウン 大山崎コーヒーロースターズ _park_ キャッシュレス sakura_marche teraicraftment カキモリ cocilaelle
ど平日ですが3月26日(火)、東京ミッドタウンで行われる「SAKURA MARCHÉ emPOWERED by Square 」に出店させていただきます。
今あちこちで話題の中小事業者向けキャッシュレス決済。
そのパイオニアであるSquare社が、キャッシュレス決済オンリーのマルシェを開催します。

昨年、サンフランシスコへ連れて行ってくださったのがSquare社。そこで見たのは、Square端末の凄まじい普及っぷり。
もちろん、競合他社のものもありましたが、ほとんどが正方形のSquare端末でした。
どのマーケット、小さなカフェ、お店へ行ってもほとんどがSquareの端末で決済できました。
マーケットでは桃一個でも決済できましたからね。笑
今回のマーケットではそんな雰囲気も体験していただけるのではないかと思います。

気になる出店者のみなさんは、その筋では有名なお店ばかり…!
そして東京ミッドタウンという超場違いな場所での出店に、非常に身が引き締まる思いです(絶対欲しいものだらけだから決済しすぎないように気をつけなくては…笑)。
平日ですが夜20:00まで開催してますので、お仕事帰りにぜひお立ち寄りください!
今回はフルラインナップ揃えて、試食もたくさん焼いて、皆様のお越しをお持ちしてます!


「Coci la elle(コシラエル)」の一点ものの手描きの日傘や美しいテキスタイルの雨傘、とびきりおいしいパンケーキが焼ける、カラダに優しい材料だけを使った「marilou(マリールゥ)」のパンケーキミックス、書くことが楽しくなる「カキモリ」の文房具、天然染料と伝統的な手作業による染色技法のみを用いた「宝島染工」の洋服、「大山崎 COFFEE ROASTERS」による厳選したシングルオリジンのコーヒー豆、…思わず手に取りたくなるこだわりのものがマルシェに並びます。

(ほとんどの)ポップアップには、つくり手またはオーナーが立つ予定です。身につけるもの、口に入れるもの、暮らしでよく使うもの…、それぞれが作られた背景や、工程でのこだわりなど、つくり手やオーナーの想いに共感するものを生活に取り入れたら、暮らしがちょっと楽しくなるかもしれません。

「SAKURA MARCHÉ emPOWERED by Square」は、クレジットカード支払いのみのマルシェです。お越しの際は、クレジットカードを忘れずにお持ちください。

2019年3月26日(火) 12:30〜20:00
東京ミッドタウン B1F アトリウム

【出店者】
-インテリア&デザイン-
カキモリ
_Park_
book obscura -ファッション&小物-
Coci la elle
SALASUSU
ソメヤスズキ
宝島染工
TERAIcraftment
南三陸ミシン工房
-フード&ドリンク-
marilou
大山崎 COFFEE ROASTERS ・

2019-03-17 | journal

おはようございます

おはようございます
土曜の夜は農家さんのお宅で大宴会、お陰で昨日は一日中ハングオーバーで夕方までゴミのように使い物にならず(日本酒飲みすぎました。。)、その分今朝は気持ちよくおきました。
ドタバタと教会へ向かう子供たちと妻を送り出し、お風呂にゆっくり入って、一人で爆音でThe DOORSなんぞ聴きながらちょっぴり退廃的な日曜の朝を過ごしています。

お寝坊気味で目覚め、朝ごはんがない!
と騒ぎになりかけたので、さっとパンケーキを焼いて、レタスとスクランブルエッグを挟んで持たせました。
もう一枚づつ、ピーナッツバターとバナナのサンドでも!と思ったらいつもあるバナナの在庫がない(息子がバナナ好きで出来るだけ切らさないようにしているのです)!
いつものJack’s Organic Peanuts Butterだけ塗って持たせました(これだけでも超うまい!)。

というわけで、非常に重宝しまくっている「マリールゥのパンケーキミックス」。そっと戸棚に1個入れておくと、さっと朝食におやつに本当に便利です(特に子供がいるご家庭はすごくわかってもらえると思います。。)。

それでは、皆様よい日曜日をお過ごしください。

2019-03-15 | journal

マリールゥのパンケーキミックス

マリールゥのパンケーキミックス 美味しそうに撮る
わざわざ のワカナンさんや、NAOT Japan のアツシさんに背中を押されて(昨年の新潟でのNAOTポップアップの時に靴を買わずにカメラを買ってしまった事件)、昨年新しいカメラを導入しました。
いいカメラを使うと確かに綺麗に撮れますが、いいカメラを使ったからと言って美味しそうに取れるとは限りません、もちろん。
いい感じに取れたなーと思っても、あとで確認するとがっくりすることばかり。
なかなか四苦八苦してますが、ちょっとづつ機材を揃えながら(機材好きでここは楽しい)、毎日パンケーキを焼きながら(撮影が終わった後のオヤツがうれしい)、パシャパシャ写真を撮ってます(これも楽しい)。

Instagramで皆さんが焼いてくださったパンケーキミックの写真を拝見するのが楽しみです。
ほんとどれも美味しそうで、オシャレで、みんなすごいなーと感心ばかりしています。
ぜひ #マリールゥのパンケーキミックス のタグをつけてシェアしてください。
全てにコメントはできませんが、出来るだけいいね!させていただいてます。

新潟は暖かくなったり、寒くなったりですが、大気はもうしっかりと春の雰囲気。
陰陽五行で春の穀物は「麦」です。
「春のパン祭り」はあながちハズレではない、というのを五行の勉強をしたときに知りました。笑
というわけでパンケーキもさらにおいしい季節。
オンラインストアでも販売しておりますので、プレゼントなどにもぜひご利用ください。
http://shop.marilou.jp

2019-03-15 | journal

東郷青児展

東郷青児展
新潟市美術館へ、もうすぐ終了する東郷青児展を観にいってきました。
昔は美術畑だったオーナーは、あこがれの原画を見ることができて非常によかったそうです。
まったく美術関係に疎い私は、作者と作品がまったく一致してなかったのですが、非常に興味深く拝見しました。常設展もすごくよかったですよ。

県外へ出たり、海外へ行くと美術館や博物館へ行くようにしているのですが、新潟にいると日常に埋もれすぎて、見にいこうと思っていた展示も見逃すことも多々あり。
でもこうして足を運ぶと、やはり「わざわざ時間を作ってまでもいかねば!」と思います。

さてさて美術館ギャラリーショップの「ルルル」では東郷青児展にあわせて、甲斐みのりちゃんのフェアを開催しています。
みのりちゃんの著書はもちろん、オススメのお菓子や、「Loule(ロル)」の雑貨もたくさん並んでいました。
新潟でここまで彼女の関連商品が並ぶ機会はなかなかありませんので、ぜひあわせて足を運んでみてください。
「マリールゥのパンケーキミックス」もこっそり一緒に並べていただいてます。

【甲斐みのりさんの本と雑貨】
会期:2019年1月12日(土)〜3月24日(日)
人気文筆家・甲斐みのりさんの本とプロデュースする雑貨レーベル「Loule(ロル)」のアイテムを扱うフェアを開催します。旅、地元パン、お菓子、建築…様々なジャンルの著書本と心ときめく雑貨が期間限定で並びます。

2019-03-14 | journal

ツールをどうつかっていくか

ツールをどうつかっていくか
これまではInstagramの投稿を全て、ホームページ(Wordpress)とFACEBOOKとTwitterに流していたのですが、これをどうしようか見直しをしています。
というのもWordpressに入れていた、Instagramのフィードを流すプラグインがうまいこと機能しなくなってしまったんですよね。。
ホームページ自体もいろいろ問題を抱えてまして、全面的に見直しをしつつ、とりあえず更新の中心は今後もInstagramになると思いますが、もう少し頻度上げて投稿していこうと思います。

気がつけばフォロワー数は2300にようやく達しました。
いつも見てくださる皆様、本当にありがとうございます!

というWordpressのプラグインがちゃんと動いているかテスト投稿でした。笑

2019-03-14 | journal

鄙潟樂、ありがとうございました!

2019年3月2日〜3日に開催いたしました「鄙潟樂(ヒナガタガク)」、大盛況のうちに終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、お心寄せていただいた皆様、本当にありがとうございます。

昨日に反省会も終わり、ようやく一区切りがついた感じです。

そもそも事の起こりは、おなじみおおしま農縁の大島さんから「アメリカでは農家が冬に集まって、カンファレンス(研究会、討論会)をやっているんだ」というお話をきいいたことでした。

実は何年も前から実施の検討をし、練りに練っての今年だったのです。

今までの農業に関わる一連の動きの集大成的なイベントで、こうしてかたちになったことを非常に感慨深く感じています。

自分がこころから美味しいなと思える農産物を作ってくれる人と、それを支えてくれる人がありがとうで繋がるコミュニティを作りたい。

そう思って5年前に始めた小さなマーケット「おひさま日曜市」は、想像以上に大きく健全に育ちました。

その素晴らしい野菜たちを知ってもらうために、頑張っていたカフェも、もう自分がやらなくても大丈夫だと思って(他にも理由はあるけどね)閉店しました。

私たちより腕の立つ料理人の皆様たちが、美味しい野菜たちを使って、たくさんの美味しい料理を提供してくれています。

世の中が凄まじい速度で多様化していく中、私たちは今まで以上にしっかり学んで、知識もつけて生きていかないといけない、と深く感じています。

こういう言い方をすると失礼に感じる方もたくさんいるかも知れませんが、私も含めて「消費者」があまりにも無知になりすぎたと感じています。

鄙潟樂では、農業や食だけでなくそれを取り巻く環境などの物事を、新潟という「鄙(いなか)」ならではの視点で、学んで体験できる場所をつくり、そしてこれからの暮らしの「ヒナガタ」を皆さんといっしょに作っていけたらと考えています。

2回目に向けての企画も、もうすでにキックオフしました。

今回参加できなかった方も、ぜひ次回をお楽しみに。

2019-03-13 | journal

2019年3月24日のおひさま日曜市

2019年3月24日のおひさま日曜市
1月と2月は冬休みをいただきましたので、今年初めてのおひさま日曜市です。

2回おやすみいただきましたが、「あ、野菜が…」とか「味噌が…」とか「醤油が、出汁が…」と、おひにちがないと実に不便…と主宰が自ら痛感した2ヶ月でした。
ご不便をおかけいたしました。

今の時期から初夏まではどうしても野菜少なめですが、穀物類、加工品などもたくさん並びます。
そして春は鶏たちがたくさん卵を産む季節です。おひにちではめちゃくちゃ美味しい平飼いの卵も、農家さんから直接買うこともできます。
今の時期は黄身が白い不思議な卵が買えますよ!(なんで白いかはぜひ農家さんに直接聞いてください)

それでは、ことしもよろしくおねがいします!

すずきたかや(おひにちディレクター/marilou)

—–

おひさま日曜市(おひにち)は、「美味しい」と「楽しい」を大切にするオーガニックマーケット。
農家直売の野菜と、マーケットにならぶ野菜を使ったフードが食べられます。
種と、水と、土と、おひさまでそだつ野菜たち。
その野菜たちをただ「消費」するだけではなく、誰でもそこからなにかを「つくる」ことができるマーケットでありたいと考えています。
たとえば、ここに並ぶ野菜でご飯をつくる。
あなたと農家、あなたと料理人とのつながりをつくる。
お客さま同士のつながりをつくる。
そしてそれらのことが「ありがとう」でつながり、
たくさんの笑顔がおひさまのように輝く豊かなコミュニティづくりを目指しています。

2019年3月24日(日)10:00〜14:00

会場:森の教育実修所「点塾」
新潟市中央区長潟3丁目6−2
会場近隣に駐車場20台ほどございます。案内係りの指示に従ってください。住宅地なので運転や路上駐車にはご注意ください。また鳥屋野潟スポーツ公園からは徒歩10分です。

主催:自然栽培新潟研究会
協力:(株)博進堂

http://ohinichi.com
http://instagram.com/ohinichi

2019-03-13 | journal

鄙潟樂ありがとうございました

鄙潟樂ありがとうございました
#鄙潟樂ありがとうございました!
2019年3月2日〜3日に開催いたしました「鄙潟樂(ヒナガタガク)」、大盛況のうちに終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、お心寄せていただいた皆様、本当にありがとうございます。

反省会も終わり、ようやく一区切りがついた感じです。
そもそも事の起こりは、おなじみおおしま農縁の大島さんから「アメリカでは農家が冬に集まって、カンファレンス(研究会、討論会)をやっているんだ」というお話をきいいたことでした。
実は何年も前から実施の検討をし、練りに練っての今年だったのです。
今までの農業に関わる一連の動きの集大成的なイベントで、こうしてかたちになったことを非常に感慨深く感じています。

自分がこころから美味しいなと思える農産物を作ってくれる人と、それを支えてくれる人がありがとうで繋がるコミュニティを作りたい。
そう思って5年前に始めた小さなマーケット「おひさま日曜市 」は、想像以上に大きく健全に育ちました。

その素晴らしい野菜たちを知ってもらうために、頑張っていたカフェも、もう自分がやらなくても大丈夫だと思って(他にも理由はあるけどね)閉店しました。
私たちより腕の立つ料理人の皆様たちが、美味しい野菜たちを使って、たくさんの美味しい料理を提供してくれています。

世の中が凄まじい速度で多様化していく中、私たちは今まで以上にしっかり学んで、知識もつけて生きていかないといけない、と深く感じています。
こういう言い方をすると失礼に感じる方もたくさんいるかも知れませんが、私も含めて「消費者」があまりにも無知になりすぎたと感じています。

鄙潟樂では、農業や食だけでなくそれを取り巻く環境などの物事を、新潟という「鄙(いなか)」ならではの視点で、学んで体験できる場所をつくり、そしてこれからの暮らしの「ヒナガタ」を皆さんといっしょに作っていけたらと考えています。
2回目に向けての企画ももうすでにキックオフしました。
今回参加できなかった方も、ぜひ次回をお楽しみに。

Photo by .

2019-03-02 | journal

ヒナガタ市

ヒナガタ市
にいがた発のオーガニックマーケット「おひさま日曜市」と、ローカルマーケット「潟マルシェ」のコラボレーション。オーガニック、エシカル、サステナビリティ、多様性などこれからの「消費のかたち」を見つめ、豊かに変えていく。暮らしや未来へのヒナガタとなるマーケットです。
新潟県内でも各分野のエッジ(最先端)で活躍するお店をセレクトしました。
県外からは旅する八百屋「青果ミコト屋」がセレクトした全国の自然栽培農産物の販売、そして一部フードシーンでも話題のオーダーメイドのおむすび屋「山角や」も出店。
さらに元ダンディゾン、現harutaのパン部門の責任者である木村昌之さんによる「木村製パン」のパンも新潟初登場、自然栽培玄米粉と小麦粉のパンを焼いていただきます。
こちらのパンは正午より販売予定です。

■出店者一覧
○ 青果ミコト屋
○ 山角や
○ rucoto/DAIDOCO
○ Mullet
○ むすびや百
○ piatto giorni
○ Bar Book Box
○ ごまうふふ
○ キーママのおやつ
○ ロメロトレード
○ おひさま日曜市
○ からころ屋
○ pursweets and
○ CuRA!
○ お茶のうずまき屋
○ ナチュレ片山

=====
[会場]アグリパーク クラブハウス調理室
[日時]3月3日(日)10:00~15:00
=====

2019-02-20 | journal

カート更新

カート更新
オンラインショップで品切れしてました「スペキュロスフレーバー」「Pancake1155」「マリールゥのいなほパンケーキミックス」をカートに追加しました!ぜひご利用ください。
そして「Jack’s Organic Peanuts Butter」が思いのほか大好評で、密かに在庫が残り僅かになってます。来週〜再来週にまた在庫を追加しますが、お急ぎの方はお早めにどうぞ。

写真は当店(というか僕の)イチオシ!しつこくカカオパンケーキミックスでございます。
新潟では名産いちごの「えちごひめ」(新潟弁の発音だとえちごの「いちごひめ」ですて)も店頭に並び始めましたね。
これから旬を迎える美味しいいちごと生クリームと合わせて召し上がってみてください。

1 2 3 4 5 60