toggle

marilouについて

わたしたちmarilouは
「マリールゥのパンケーキミックス」と
ココロとカラダが喜ぶごはんとスイーツが食べられるカフェを通じて
おいしさと楽しさをみなさんに提供します

marilou

フランスの歌手・俳優であるセルジュ・ゲンズブールの”marilou sous la neige(雪の下のマリルー)”という曲のタイトルからその名をいただいたcafe marilouは、2001年12月15日に(その日に雪が降っていたかは定かではないですが)新潟市役所のほど近くにオープンしました。
オーナーの英美子が自身の体験したカフェ文化を伝えたいという想いでオープンしたcafe marilouは、まだカフェの少なかった新潟では本当に貴重な存在でした。
持ち前のセンスに加え学生時代から京都で過ごした10年間の経験を活かしたこの店に、流行に敏感な乙女たちが数多く訪れました。

オープンから4年後の2005年、マクロビオティックとの出会いが大きな転機となりました。
世界の家庭料理をテーマにしていたメニューが、一気に玄米菜食へとシフトしていきます。それまで培ってきた経験に、マクロビオティック・ブームが後押しとなり、様々なお客様に来ていただけるようになりました。
2010年に英美子の出産を機に、結婚後からイベント企画や運営を手伝っていた誉也がカフェを任されることになり、現在に至ります。

2010年には、カフェで提供していた自家製のパンケーキの粉をパッケージ化した「マリールゥのパンケーキミックス」を販売開始。
友人を中心に口コミだけでじわじわと全国に名を知られるようになり、今では全国20店舗以上で取り扱っていただける商品となりました。

カフェとしてスタートしたこの店は、今ではちょっとしゃれた街の定食屋として、そして「マリールゥのパンケーキミックス」の販売元として、本当に驚くほどたくさんの方々から愛されるようになりました。

emiko and takaya

鈴木英美子(すずきえみこ)
新潟市出身。進学を期に京都で10年間の生活を送る。2001年12月15日、新潟市中央区東中通にmarilouをオープン。「私らしさ」を追求しながら本当の「おいしいもの」を求めた結果、2005年にマクロビオティックに出会う。2010年に第一子を授かった事を機に「母親」の視点から「ごはん」について日々考えている。オーナーであり「マリールゥのパンケーキミックス」の開発担当。

鈴木誉也(すずきたかや)
新潟市出身。農業機械メーカー勤務の後、2005年に英美子との結婚を機にマクロビオティックと出会う。その後カノン小林に師事し、Kushi Macrobiotic International Extension上級修了、またカノンマクロビオティックスクール認定クッキングインストラクターに。2010年2月より子どもを授かったことを機にカフェ店長に。2014年よりオーガニックマーケット「おひさま日曜市」を主宰。