toggle
2020-07-15

ニューロクサイ市


六斎市(ろくさいいち)とは、二六の市とか定期的に開催される市のこと、ここ新潟では全県にわたって六斎市が多く開催される土地です。
新潟市東区にある山の下市場は、今でも毎日農家のおばあちゃんたちが野菜を持ってきて市が立つ商店街です。
4月、5月と2回「おひさま日曜市」を開催しましたが、出店者からは「こんないい場所があるなんて、凄い!」の声。
長いアーケード、広い歩道、路上駐車可能。
実は出店したい人は1日数百円で、誰でも出店ができる。
湊町らしく、とても開かれた商店街なのです。
しかし、ライフスタイルの変化から世代交代がうまくいかず、出店者もお客さんも高齢化が進んでいます。

このまま灯火が消えてしまうのは本当にもったいないし、ニューノーマルとして改めてこのような「市」という形態は面白いのではないか!?
と思いまして、ニューロクサイ市を企画してみました。
農家のおばちゃんたちもたくさんいて、お店も開いている、山の下市場が一番賑やかな土曜日の開催です。
市場だけではなく、一緒に「新潟のデトロイト」と言われる山の下もお楽しみいただけたらと思います!(本場デトロイトと同じく面白いお店や場所も増えています!)

ニューロクサイ市
日時:2020年7月18日(土)9:00〜13:00
(出店者によって出店時間が異なる場合があるのでご注意ください!)
場所:山の下市場(山ノ下小学校を目指して来てください)
商店街は路上駐車可能ですが、他の車や歩行者に十分ご注意ください。
出店予定:円錐(コーヒー)、おおしま農縁(雑穀と野菜)、川崎農園とi ppu ku(卵と焼き菓子)ふなくぼ農園(野菜と卵)、armonia(キッチンカー)、marilou(パンケーキミックス)、mountain△grocery(お弁当)、mullet(キッチンカー)、rucoto/DAIDOCO青氷果店(キッチンカー)…etc
主宰:文化耕作

文化耕作とは?
ローカル、カルチャー、食と農をテーマに、ブランディング、デザインディレクション、商品開発を手掛ける松浦柊太朗(U・STYLE)、鈴木誉也(marilou)によるプロジェクトです。

関連記事